読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフィスカジュアルコーデ

この前の日記で、オモチはオフィスカジュアルをユニクロで揃えたって言ったじゃないですか。

でもね、お昼休憩のときにオモチより少し前に入社した女性が言うんですよ。

「オフィスカジュアルコーデって難しいですよね。雑誌とかのは少し派手な気がするし」

彼女は休日に服を買いに行くのだそうです。

それはもう、いろんなパターンを用意するのでしょう。

オモチはその話を聞き流すことしかできなかったですよね。

コーデって。こちとらコーデなんか考えちゃいないですよ。

いや、厳密には考えたんです。

4パターンだけ(上着が2種、パンツが2種なので)

オモチは4パターンで良しと、ほぼほぼ毎日同じ服装で良しとしたところを、彼女は雑誌やなんかを参考に何パターンも考えるのです。すごい。

オモチのオフィスカジュアルは、いわゆる制服のようなもので、彼女のは仕事用のおしゃれなんですよね。

オモチはフリーターのときからそう、シンプルな仕事着を必ず用意したものです。

たとえ、貸し出された制服に着替えるとしても、仕事に行くときは必ず決まった服で出掛けました。

仕事着と普段着を分ける利点は、オンオフの切り替えができることと、普段着つまりはおしゃれ着の利用回数を制限することで傷むのを防げるという点にあります。

オモチも彼女も、オンオフの切り替えをしてるのは一緒です。

ただ、オモチのオン(仕事着)は素っ気なくて、彼女のオンはおしゃれで素敵という大きな違いがあるのです。

どちらが良いとか悪いとか、偉いとか偉くないとかはないと思ってます。

でも、彼女はすごいなぁって、オモチにはとても真似できないなぁって思うわけです。