読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【茨城】全国学力テスト 教諭、事前に問題と正解教える

教諭、事前に問題と正解教える

国学力テスト

文部科学省は19日、18日実施の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)で、茨城県つくば市立中学校の男性教諭が誤って事前に国語Aの漢字問題を生徒に教えていたと発表した。

 

発表などによると、同校の1学級で17日、国語の授業の際、生徒から漢字の出題の有無について質問があり、教諭が34人の生徒に対し今年度の問題6問を板書し、正解を示した。

教諭は事前に見ていた問題を昨年度の問題と勘違いしたという。

 

同省によると、事前に問題が生徒に示されたケースは初めて。

この学級の国語Aは採点を実施するが、調査結果の集計には含めないという。

学力テスト

過去問と勘違い、事前に一部伝える

茨城

茨城県つくば市は19日、18日に実施された今年度の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の解答を、教師が誤って事前に一部の生徒に伝えていたと発表した。

市教育局によると、市立吾妻中で17日にあった3年生国語の授業中、教員が今年度の全国学力テスト「国語A」の漢字の問題と解答を昨年度分と思い込み、過去の出題例として黒板に書いた。

テスト後に生徒から「同じ問題が出た」

と指摘を受け、発覚した。

 

学力テストのマニュアルでは、問題冊子を金庫か鍵のかかる部屋などで保管するよう求めている。

この教員は今年度の冊子を昨年度分と勘違いして保管場所に戻さず、授業に持ち込んだという。

 

授業を受けた生徒については、国語Aの答案を採点したうえで、集計から外すとしている。