読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄いないおこわ。

栄町から菊里松月まで歩いていって、黄飯とちまきと柏餅を買ってきた。

黄飯は子どもの日の頃にしか売っていない。子どもの頃、近所にあった祖父母の家に来ると黄いないおこわが買ってあったものである。

ちまきが1100円とか、結構高いなあと思ったけど、家に帰ったら食べよう。